空間整美研究室

空間を美しく整えて しあわせな人生をはじめよう

◆お酒をやめてみました

私はお酒が大好きだ!と思っていました。

酒量は酒豪レベルだし、今までお酒に費やしたお金は結構なものだし、会社でもお客様にも、お酒が飲めるお陰で高級なお店にたくさん連れて行ってもらいました。

お酒を飲む理由は数えきれないほどあります。緊張が解れて楽しい時間を過ごせる、料理が美味しくなる、会話が楽しくなる、そもそもお酒って美味しいし、等々。私はそれらを利点だと思ってましたが、自分の中でも違う見方もあることは分かっていました。とはいえ、ちゃんと飲酒に向き合ったことはありませんでした。向き合うとやめなきゃならない気がしたので。

お酒をやめようと思った理由はただひとつ、健康で有意義な時間を過ごしたいからです。これは、多数ある飲酒の理由を凌駕します。

それで私は本当にお酒が好きなのか?思いや気持ちをとことん整理し、しつこくしつこく自分に問うてみたところ、実はそうでもないことが分かりました。

私はお酒が飲めるお陰で、会社の色んな会に呼ばれたりして人脈ができ、かなり出世も早かった(と思ってる)し、緊張しいの恥ずかしがり屋だった若い頃はお酒のお陰で周りと打ち解けられた(気がする)のです。

だからお酒に義理があると思ってました。やめるなんて言えないよ!

そしてお酒を飲む人にも義理があると思ってました。私は飲むことを期待されてる(と思ってる)ので、がっかりされたくないから やめるなんて言えないよ!

で、そのふたつがなかったら....
あれ?私お酒やめられる....ってことに気付いたんです。
ということは、お酒そのものが好きな訳じゃない....ってことに気付いたんです。

f:id:seibillion:20170713200200j:plain:w300
※今夜はギネスのグラスで自家製レモネード

お酒よ、今までありがとう!
これからは、ベタベタな関係でなく、一線引いて付き合おうね!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

シンプルライフランキングへ

◆整理術とは思考術

先日、整理術を習い事にしたら良いのではないか、と書きました。

seibi-lab.hatenablog.com

私の言う「整理術を習う」とは、学ぶのは収納術ではなくて思考術です。思考の整理です。

整理術を通して思考を整理するのです。

思考が整えば片付けは簡単にできるし 環境が整います。そして環境が整えば 思考は更に整います。思考を変えないと、片付けは一時できるし一見きれいに見えてますが、必ずリバウンドしてしまいます。

考え方が変わらないと、環境を整え続けることは難しいのです。

f:id:seibillion:20170713173945j:plain:w300

そして、この考え方は意識しないと意外と簡単に元に戻ってしまいます。
人間は、過去に執着し、未来を心配するようにできているようです。
だから、定期的に整理術(思考術)を習うようにすれば良いのではないかなぁと思ったのです。

空間を美しく整えて今を生きること。それが幸せな未来に繋がる気がします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

シンプルライフランキングへ

◆習い事としての空間整美

ブログから遠ざかってかれこれ3か月以上も経ってしまいました。

昨日の夜空にぽっかり浮かんだ 満月からちょっと欠けた月を見て、またなにかを発信をしたくなったので書き始めます。

f:id:seibillion:20170711142750j:plain:w300

このところ思うのは...

空間を美しく整えるのに、もうこれでいいやってことはないな、ということです。

今、私が尊敬する整理術の先生に久しぶりに教えを請いに行っているのですが、整理整頓は習い事だなと思ってる次第です。自分でやろうと思えばやれるけど、結果はそこそこ。習えば格段に腕が上がります。コツやノウハウで近道できます。料理でもなんでもそうですよね。

人に教えてもらわないと片付けもできないなんて、今はまだ恥ずかしいことっぽいですが、近い将来 習い事として整理整頓や空間整美が堂々と言えるようになるといいな。

それだけ、人生における効果は絶大です。そして、実は極めようと思えばどこまでも極められる趣味にもなります。

空間整美について、ブログでまた語っていきたいと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

シンプルライフランキングへ

◆極上の肌着

私が持っている肌着の数は少ないですが、高級品を大切に着ています。

体を冷やさないために、時々冷えとり健康法をゆるーーーく取り入れています。靴下は多くても4枚重ねのベーシックレベルで、レギンスも1枚、という感じです。

f:id:seibillion:20170317173717j:plain:w300
※CURAスタイル ネットショップより

きょうからはじめる 冷えとりレッスン 入門ノ書

きょうからはじめる 冷えとりレッスン 入門ノ書

とても気に入っているショップが新製品の企画を実現させるべく、クラウドファンディングで投資を募っているのでご紹介します。

今まではレギンスやショーツといった下半身用の商品が多かったので、今回のトップスが揃えば まさに「骨の髄まできもちいい」着心地が全身で完成することは間違いなし。

上質な製品が、クラウドファンディング価格で通常より安く買えるのも魅力です。

他のプロジェクトを見ると、リターンの価値より高めに投資額を設定して 寄付部分を多く設定しているものが多い中、CURAは多くの人にこのプロジェクトを広めたいとのことで 現品を普通にネットショップで買うよりも安く手に入れることができます。

この新製品を私自身が手にしたい!と思ってるので、ぜひご覧になってみてください。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

シンプルライフランキングへ

◆特急北斗星の宿

数ヵ月前のことですが、東京の馬喰町にあるトレインホステル北斗星のオープニング前内覧会に行って来ました。

廃線になった寝台列車北斗星の内装を使ったホテルです。


寝台特急そのまま!


洗面所の鏡も電車で使ってた三面鏡。

Train Hostel 北斗星 (東京) - Booking.com

以前の古ビルの状態を知っているだけに、このように生まれ変わって感慨深いです。

とかく不動産業界はクラッシュ&ビルドで新築しがちですが、こういうリノベーションの動きは他業界からのアイデアでじわじわと広がっています。

外国人観光客向けに企画したとのことですが、今のところ電車好きの日本人とか子どもが電車好きの家族で予約がいっぱいみたいです。

イデアがあれば満室にできるものですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

シンプルライフランキングへ

◆ファンタジーな現実世界

写真の整理をしていて、かつて行った場所のことを思い出しています。

シンガポールは風水の街です。大富豪が建てたビルが変わった形が多いのは、有名な風水師たちが監修してビルを設計しているからとのことです。

変わった形のビルがニョキニョキと並んでいる街並みを見て、まるで巨大なテーマパークにいるような気がしました。この国自体がファンタジー。

私は建物の形はシンプルな立方体が一番良いと思っています。形として美しいと思うし、管理の面でも簡単です。曲面や尖った形、いくつも雁行させた壁などは、雨漏りや亀裂等のトラブルも生じやすいです。

大富豪はメンテナンスの費用なんて気にしないんでしょうけれど。


観光のためとはいえ 毎日こんな光のショーが見られるというクレイジー。

私は人生の最後は 茶室のような小屋に住みたいです。でも床の間に掛け軸をしつらえ茶花を飾るくらいの遊びはしたいですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

f:id:seibillion:20160603205138j:plain:w300
マリーナベイサンズの天空のプールは 空に浮いてる気分になってこれまたファンタジー。でもこうして俯瞰するからそう思うのであって、実際プールにいるときはただのプールですね。

◆聖なる場所

昔の写真を整理しています。

アンコールワットの朝日の輝きはとっても神々しかったなぁ。

f:id:seibillion:20160603210247j:plain:w300

でもこの美しく撮れた写真には写っていないけれど、周りにはたくさんの観光客がいました。皆静かに見守っていたものの 写真が醸し出す厳かな雰囲気とは裏腹に、たくさんの人の気配やシャッター音がそこにはありました。

この写真の風景は観光パンフレットやネットでいくらでも見られるのに、敢えて行って同じ景色を写真に収める行為はなんなんでしょうね。私も例に漏れず一生懸命何十枚もデジカメの液晶画面を見ながら写真を撮ってました。人が写り込まない位置を探して、まるでそこには自分だけしかおらず その太陽を独占しているかのような写真を撮るために。

「人は確認作業で動く」

「人は知っているモノを買う」

と言えるでしょう。

旅行が良い例だと思います。

グランドキャニオンしかり、

万里の長城しかり…

僕らが旅行をする時は、テレビやネットやパンフレットで、すでに(ほぼ)知っている場所に《お金を払って》行きます。

キングコング 西野 公式ブログ - 『えんとつ町のプペル』を無料公開したらAmazonランキングが1位になった。 - Powered by LINE

先日このブログ記事を読んで、この部分に妙に納得しました。私は敢えてパンフレット通りの写真を、確認作業で撮りたかったのですね。

今ならもっと日の出をこの目で見つめて堪能できそうです。写真は1枚もいらないかもしれません。いや、でもこうして思い出すために1枚だけは撮りましょうか。それは別に人が写り込んでても多少ボケてても気にしません。むしろそんな写真の方がその時の状況を鮮明に思い出すかもしれませんね。

皆さんの旅と写真の関係はどんなものですか?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

シンプルライフランキングへ