空間整美研究室

空間を美しく整えて しあわせな人生をはじめよう

◇美しい手

先端や角に気を配って整えた様は美しい。

整理術でも身だしなみでも
同じようなことが言い方を変えて
よく言われます。

これが真髄だからだと思います。

私の尊敬する整理術の先生は、
手がとても美しい方です。

指先は、爪が短く切られており
マニキュアなどをしない素の爪ですが、
キレイに磨いてあってツヤがあります。

手の甲はシットリとキメ細かく
きっとヒンヤリ冷たい手ではないかな...
と思わせる白さです。

自分はプロの主婦だと笑って仰る先生は、
水仕事など手が荒れる作業も
ほとんど手袋など着けずに作業するそうです。

そして、その手の動きは優雅。
ジェスチャーのようなものは一切ありません。

手という先端が美しいと魅力的なんだなぁ
と実感しました。

www.facebook.com
※少ししか見えませんがコレが先生の手です♡
なんとも美しいでしょう?

それからは私もマニキュアやジェルネイルをせず
週に一度短く切り揃え磨いています。
キチンと手入れされた
自分の手先がキレイ過ぎてつい見てしまいます。

美しい色で彩られた爪も美しいですが、
たまに服に合わせて
ファッションを楽しむ時だけでいいな!
と思っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

シンプルライフランキングへ

◇今ある器で応量器

生活のダウンサイジングをするために、
食費を減らそうとしています。

それにはシンプルな同じ料理を繰り返すことが
一番効果が高いだろうと思い、
今流行りの感はありますが
「一汁一菜」もしくはそれに準じた食卓で
しばらくやってみようと思っています。

シンプルな食卓、
と言ってまず頭に浮かぶのは
応量器で食事をする禅僧のお姿。
5~6個の食器が入れ子になっているものです。

いつもの悪い消費グセで
「応量器買っちゃおうかな~やる気が出そうだし♡」
という考えがふと浮かびましたが、
いやいや目的は
「足るを知る」「自分に必要なお金を知る」
なのだから、
新しく買うのはちょっと違うぞと思い直し、
今ある食器で応量器セットを作ってみました。

イタリアン応量器
リチャードジノリのベッキオホワイトで
応量器セットにしてみました。

これで一汁三菜は盛れるから、
基本和食であれば
なんかもういっそ
食器はこれだけでもいいんですね。

まだ年が明けて
お正月の食事が終わってからの一週間を
慣らし練習みたいにやってみただけですが、
今のところなかなかうまくいってます。

今ある器で応量器作戦、
一汁一菜や一汁三菜、
和食を楽しむならおススメします!

そしてこちらの2冊の本。

もうレシピ本はいらない 人生を救う最強の食卓

もうレシピ本はいらない 人生を救う最強の食卓

一汁一菜でよいという提案

一汁一菜でよいという提案

両方の本とも大変参考になりました。
ハレとケ。
私は外でも内でも
毎日同じメニューが重なることなく
違うものを食べて
それが自由で楽しいことだと思ってたけれど、
なんとなく果てしのない無限地獄にいたんだなと。

稲垣えみ子さん曰くの

毎日がフェスティバルだったらそれはもはやフェスティバルじゃない。単なる落ち着かない日常です。

※「もうレシピ本はいらない」より

道理で私も
最近どんなに美味しいものを食べても
そんなに感動がない訳です。

毎日の「ケ」の日が単調で型があるからこそ
「ハレ」の日の特別な食事が
美味しくて幸せで感動するのかもしれません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

シンプルライフランキングへ

◇ただいま人生のお鉢巡り中

ちょうど一年ほど前、
自分の価値観が変わってきたことについて書きました。

seibi-lab.hatenablog.com

それから一年かけて、
考え方は 更に 徐々に 変化していますが、
今後の一年については
「自分はお金と何を交換しているのか?」
ということを見てみたいと思います。

生活をダウンサイジングするに当たり、
生活にいくらかかるのか?
ということはもちろん分かっても良いのですが
余り意味のないような気がしてきていて、
というのは先日ちょっと書きましたが
私はここ数年1カ月に食費7万前後使ってましたが、
半分の3.5万円にしてみる!と決めたら
工夫してなんとかできそうな気が既にするからです。
(もともと使い過ぎだからですかね)

seibi-lab.hatenablog.com

それしかないと思えばなんとかするというか
するしかないのですから...

それが、
自分の思う通りに体も気持ちも動かなくなる老後に
急に価値観を変えたり節約しなければならないから
辛いし不安なのではないかと思います。

40歳後半って生活を見直すのに
ちょうど良い時期の気がします。
正に人生の後半、下り坂になっていく時。
まだまだ登ってるように自分では思ってるけど、
下ってはいないかもしれないけれど踊り場で、
頂上の平の部分を進んでいる状態というか、
富士山の火口をお鉢巡りしている状態というか。
(富士山登ったことないですけど)

だから見直すにも気持ちに余裕があると思います。

もちろん子育て中の方は、お子様のご年齢によって
まだまだ物質的拡大の時期かもしれません。
しかし、自分の人生はそろそろ下る
ということはやはり認識した方がいい時期の
気がします。

私の場合
食生活は、40前半までは一汁一菜では
味も見た目も満足できなかったと思います。
でも今は美味しいと思える。
持ち物も、少し前までは
自分を大きく格好良く見せたくて
ブランドや価格にこだわらないと
自信がありませんでした。
そしてそれは自信や信用を得るため
私には必要なことだったけれど、
(この自分の見せ方についてはいつか詳しく書きたい)
今は特に物で飾らなくても
見られ方が変わることはなくなっていいます。

そんな、人生踊り場お鉢巡り中の私ですが、
今年は
生活の縮小元年として
しっかりキッチリお金を使いたいと思います!


※ししゃもと日本酒があればいい...(減酒はしてます♡)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

シンプルライフランキングへ

◇雑巾がけについて

先日お掃除について書きました。

seibi-lab.hatenablog.com

私は毎日掃除機と床の水拭きをしていますが、
平日は掃除機の後、
フローリングモップに
使い捨てのウエットシートで拭き掃除
という簡易水拭きをして、
休日に雑巾掛けをします。

雑巾掛けは結構な運動です。

f:id:seibillion:20160702154432j:plain:w300
禅寺の修行でも毎日行われていますね。
こちらは總持寺の雑巾掛け風景。
板の廊下がピカピカです。
(無印良品 くらし中心 No.1より)

この体制はヨガでいう「下向きの犬のポーズ」
にとても近いと思います。

腰が伸び、肩が伸び、ふくらはぎも伸びる
全身運動です。
広くないマイハウスですが
終わるとフーフー息が上がります。

小学校時代のお掃除の時間のように、
机や椅子を端に寄せてから行います。

私の毎週末の習慣です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

シンプルライフランキングへ

◇カラダ、掃除で動かしていますか?

体は資本です。
健康ブームで色々なメソッドがありますが、
日常的に掃除や家事で動かしていれば
特別なことをしなくてもしなやかな体になれるはず。


掃除機かけと床の水拭きを毎日していると思います。
今、腰が伸びている!
この動きは、腿裏が伸びている!
なんて感じながらお掃除しています。

日課の掃除機と水拭きは
時間にして大体20分前後です。
毎日の習慣になってしまうと
もはややらないことが気持ち悪すぎて、
週に1、2回しか掃除してなかった頃が
どんな生活だったか思い出せません...。

今、マイハウスは毎日掃き清められて
神社の境内のようです。
以前は玄関に盛り塩をしていたのですがやめました。
清らかな空間は明らかに外とは別世界で
結界が張れている気がするからです。

お掃除は運動。
特別なことをしなくても、体は動かせます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

シンプルライフランキングへ

◇何が好きか公言してますか?

先日はモノより消えモノと書きましたが...。

もしなにかを頂くのであれば、
自分の好きな物が良いですよね。

自分が何が好きか、
日頃からアピールできてる人は
プレゼントされやすく、
ほしい物をもらいやすいと思います。

甘いものが好き
猫が好き
犬が好き
宝塚が好き
好きな野球やサッカーのチームがある
オーガニックな食べ物が好き
等などなど……

私の周りでも
しっかり自分の好きを表してる人はいます。

そうすると、
なにかそれに関することを見かけると
その人に教えてあげたくなったり
お土産にしたくなります。

相手の喜ぶ顔が見たいんですね。

私にはそこまで皆に思い浮かべてもらえる好き
はないのですが...
(以前はお酒を思い浮かべられてたと思いますが。
よく頂いていました。今は減酒中です。)

好きは公言すると
それにまつわることが集まってきます。
自分の周りが好きで満たされやすくなると思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

シンプルライフランキングへ

◇モノより消えモノ

年末、忘年会の行事で大ビンゴ大会がありました。

景品は、上位は最新鋭の電化製品。
皆さん恐らく既に持ってはいるけど、
より高機能、よりデザイン性が高く、
より高級な製品ばかりです。

そのビンゴゲームは、
抜けた人から好きな賞品を選べるというものでした。
私は、こういうゲームの引きは強いのですが、
今回も2番目に抜けました。

なんでも選べる状態。
デザインがシンプルでクールな最新電子レンジ
外はカリッ中はモチッと焼けるトースター
吸引力が他とは違うハンディ掃除機
今までにないデザインの美しいドライヤー
どれもとっても素敵。
自分ではなかなか買えない高価なものです。

ですが、私は賞品としては中位である
レストランのお食事券を選びました。

自分でも物を選ぶ目が変わったなぁと思います。
今あるものを使う。
今あるものでも無くてもいいか考える。
管理する物が少なければ少ないほど身軽ですから。

お食事券で誰を誘おうかなぁと考える楽しさ。
物が増えることがなかったビンゴゲームでした。

f:id:seibillion:20180105065059j:plain:w300

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

シンプルライフランキングへ