空間整美研究室

空間を美しく整えて しあわせな人生をはじめよう

◆ベストな配置は なかなかない

空間を美しく整えるには配置が大事です。

しかし、どんなに美しく置いたとしても
「これでいい」と言うことはなかなかないです。
慣れてしまってこれが一番いいと思っても、
ふと「こうしたらどうかな」と変えてみると
断然良かったりもします。

当たり前の場所こそ、
配置をちょっと変えてみることをお勧めします。

日常生活では
ベストな配置はすぐには決まりませんが、
ベストな配置が既に決まってるのが
茶室や床の間だと思います。

もう、何をどう配置するか決まってるのね。

何も悩まない美しい空間です。

f:id:seibillion:20170117114055j:plain:w300
※床の間に「掛け軸と生け花」以外に色々置いてしまうと美しくない空間になってしまいますが…

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

シンプルライフランキングへ

◆美しく整った空間

空間整美された家に住むようになって、
行動が軽やかになりました。

物事を
なるべく後回しにし
なるべく楽な方法を考え
なるべく動かないで済ませたい
と思ってましたが、

なるべく先にやり
なるべく楽しい方法を考え
なるべく素早く済ませたい
と正反対に物事を行うようになりました。

身軽になったからだと思います。

モノは
面倒を見なければならない家族のようなもの。
数が多ければ大変です。
自分にそれだけの一族を養う
甲斐性があるでしょうか。

どうか自分の手が行き届く量を
冷静に見つめてみて下さい。

予想以上に少ないと思います。

f:id:seibillion:20160708093639j:plain:w300

空間を美しく整えたらそこは楽園です。

よく言われますが、
まさに自分の家が
自分にエネルギーを与えてくれる
パワースポットになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

シンプルライフランキングへ

◆私の不動産についての妄想

私は家という空間の中で生活を営んでいます。
そして職場という空間でお金を稼いでいます。
行き帰りも地面を伝って
歩きと電車で通っています。

それはどこも本当は誰のものでもない空間。
所有者がいて登記もされているけど、
空気が誰のものでもないように、
その場所は地球のもの。

空気は常に動いているから
所有を示せないけど、
土地は「不動」産と言われるように
動かないから財産として所有を主張しやすい。

共産主義社会主義のように、
土地が国のものや公共の財産、
と定義されることさえ無意味です。

本当は誰のものでもないのだから。
(地球のものということです。)

f:id:seibillion:20170113185702j:plain:w300

それでも
今日も私は土地の権利を売買します。
それが商品として扱われているから。
それが価値あるものとして定義されているから。

本当は権利なんか得られないのに
権利を得るために大金を払うって...。
正に「ごっこ」の世界デスヨネ。

価値があると定義されて
それを受け入れる人が多ければ
価値が上がるし
受け入れない人が増えれば
価値はなくなるだけの話で、
今は(というか文明の発生した大昔から)
土地は価値あるものとされてた訳で。
だから領土や土地の権利を巡って争う訳で。

農産物であったり家賃であったり
土地から生じる利益が価値を生む。
はたまた金融商品のように
不動産そのものの値上がりを期待して
キャピタルゲインを狙う。

でも最近良く言われることですが、
これからは不動産についての価値観が
どんどん変わっていくと思う。

土地の所有制度は
しばらくは変えられないだろうけど。
(でも天災や大事故や戦争が起これば
もはやこの制度も保てなくなるかも)

土地を所有するのは人格者しかできないとか。
人格者って定義が曖昧ですが、
そこに暮らす人々の面倒まで見れるような人?
昔の長屋の大家さんみたいな?
(時代劇の大家さんにもいい人悪い人いるけど)
個人でも法人でも。
SPC(特定目的会社)のように実態のない会社は
大家として選ばれなくなるのね。

...妄想です。

借りる場合も
どういう人から借りるかが
重要になってくる気がする。
個人から借りるにしても
法人から借りるにしても。

不動産経営は慈善家でないとできないくらい
崇高な仕事になる。
だって地球の代理人なんだもん。

そして借りる側も選ばれるようになる。
大家さんがその人の発信やブログを見て
「あなた私の貸家に住まない?」
とスカウトしたり。

不動産取引の最前線にいる私の妄想でした。

戯言を読んで下さりありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

シンプルライフランキングへ

◆たったひと部屋でできること

家に対する思いが、
より大きく より広く から
小さくても過ごしやすく に
変化してきている人が増えている気がします。

昔は、
畳の部屋に布団を敷いて、
朝起きたら布団を畳んでちゃぶ台を出し、
そこでごはんを食べる。

そんな狭くても空間を生かした生活を、
私も小さい頃 団地で普通に経験しました。

洋風にカッコよくすればこんな生活でしょうか?

lifeedited.com

今まで憧れてたのは
広くてゆったりとした空間に住むこと。
もちろんそれは素敵なことだけど、
自分の住処(すみか)は
小さくていいかもしれない
と思うようになりました。

f:id:seibillion:20170112203938j:plain:w300

今年は、
どのくらいの収入があれば
満足の行く生活できるか、
そして
少なくて済むならその分働かない
ということについて考えたいと思ってますが、

どれくらい狭い家に住めるか

ということも検討したいと思います。

◆いくらあれば幸せに生きられるのか - 空間整美研究室

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

シンプルライフランキングへ

◆美しい捨て方

みなさんのごみ箱の中身はどんな状態ですか?

以前の私はそんなこと
気にしたこともありませんでした。
ゴミをごみ箱に捨てることに
なんの意識も持ってませんでした。

美しい空間にいると
ゴミの捨て方まで美しくなります。

紙ゴミはきれいにたたみ、
潰せる物はできるだけ小さくし、
投げ入れるのではなくそっと差し入れる。

ごみ箱の中すら美しい空間に。
自分の周りの空間を整えたら
自然とそうなりました。

f:id:seibillion:20170111082031j:plain:w300

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

シンプルライフランキングへ

◆明日は満月ですが減食中

今宵の東京は明るい月がぽっかり浮かんでます。

f:id:seibillion:20170111200341j:plain:w300

年末年始の宴会や豊かな食卓と
明らかな運動不足が組合わされ、
私の身体も満月に向けて豊満に...。

f:id:seibillion:20170111201213j:plain:w300

f:id:seibillion:20170111201312j:plain:w300

f:id:seibillion:20170111201923j:plain:w300
※どれもこれも最高に美味しかった!

という訳で今宵は夕食抜きのプチ断食。
お風呂にゆっくり浸かって眠ります。

胃腸の疲れを取る 休ませるには
胃腸に物を入れないことが一番。
胃腸の空間整美ですね。

読者になってるこちらのブログを参考にしました。
お風呂と背中&前股のストレッチと睡眠ですね!

大型連休の胃腸疲れをリセットしたい人のために、最低限必要なことだけを教える。 | 中村ひろき公式ブログ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

シンプルライフランキングへ

◆物が少ないと捨て時が分かりやすい

物が少ないと
必然的にひとつを何回も使うことになります。
すると、当然ですが劣化してきます。

以前、私が物をたくさん持っていた時は、
それぞれの物を使う頻度が少ないので
劣化するまで使う
使い切ったと思えるまで使う
なんてことはほとんどありませんでした。

服でも文房具でも何でもです。
まったく使ってない物もたくさん持ってたし。

しかし今は物が少なく
使っていない物はないので、
「これはそろそろ捨て時だな」
ということが良く分かるようになりました。

物理的に
もうインクがなくて使えないとか
毛玉ができてみすぼらしいとか
分かりやすい状態もあるし、

心理的
もう使いきって満足した~ありがとう!
という状態もあります。

なので躊躇なく取捨選択ができます。
余計な判断力を使わないで済みます。

f:id:seibillion:20170110173257j:plain:w300

これはそんなに痛んではいないけど
もう十分着た~と思えるワンピース。
秋冬を2回経て この2年で何十回も着ました。

ありがとうと感謝して処分しました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

シンプルライフランキングへ