読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空間整美研究室

空間を美しく整えて しあわせな人生をはじめよう

◆願いごとはシンプルな方がいい

昨日私は七夕の短冊に願いを書きましたが…。

seibi-lab.hatenablog.com


流れ星に願いを!

目の前で流れ星に出会ったら、
すぐに願い事が言えますか?

子どもの頃大好きだった漫画。

怖いお話も多かったけど、
世界には表と裏がある的な
示唆に富んだ話も多くて、
怖がりながら読んでました。

いくつかまだ覚えている話がありますが、
その中でも
特に印象に残っているお話があります。

詳細は違うと思いますが、
あくまで私の印象に残ってるお話は
以下のものです。

むかしむかし…

どんな願いごとも叶うというあるものについて、
さんざん争い、憎み合い、騙し合って、
なんとかその権利を手に入れた美女が、
願いごとを言う瞬間が訪れます。

そこは、砂漠。
突然来たその瞬間。

とっさにその美女は砂漠の砂を手に取って、

「私にこの砂粒ほどの寿命を!」

と願います。

f:id:seibillion:20160622081610j:plain:w300

時は流れて現代。

少女はこの話を聞いています。
そして、話すのは
頭から布をすっぽり被って
顔の見えぬ女性。

話し終わったその女性が顔を見せると、
そこには皺しわの年を取った老婆。

その人は、あの美女なのでした。

「私は、砂粒の数の
 長い寿命を手に入れたけど、
 若さを頼む時間がなかった。

 だからこうして
 延々と年を取り醜くなりながら、
 自分で願った
 長い長い寿命を
 生きていかねばならない…。」

私はこの話を読んで子どもながらに
「永遠の命をお願いして
 こんな恐ろしいことになるなんて!
 コレ神様ワザとだよね…。」
と思いました。

多分、
「使いきれない程のお金を与えて!」
なんてお願いしちゃったら、
足をなくして出歩けなくさせて
お金が使えない体になったり
(今はネットショッピングできるけど)
するんだろうなぁと、
一義的な自分本位の願い事は
怖いな怖すぎる!
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
と思ったものでした。

願いの、言葉の、その意味はなんなの?
この願いは、その先の何を求めての望みなの?
本当にそれが私の願いなの?
それが叶ったらどうなるの?

そんなことを今でも考えさせてくれる
子どもの頃読んだお話でした。

 世界が平和でありますように

世界が平和でさえあれば
私もきっと幸せでいられるはず。

でもこのシンプルな願い事は
神様が叶えてあげたいと思っても
叶えるのが一番難しい
願い事かもしれませんね…。

あの時あの砂漠で
美女がそう願ってたら
世界はどうなっていたのかな。

でも、世界が平和でありますように♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村