空間整美研究室

空間を美しく整えて しあわせな人生をはじめよう

◆ピン札

今では、
私はマイハウスにピン札を常備していて、
現金で特定の人や場所に
月謝や費用を払うときは、
なるべくピン札を使っています。
ピン札ストック用の木箱に入れています。

昔は、
そういうことに全く気が回らなかったし、
そういうことに意味を見いだせなかったし、
お金の扱いを大事にしていませんでした。

結婚式なんかのお祝いだって、
ピン札を用意する意識も時間もなく、
「霧吹きで湿らせて当て布してアイロンすれば
ちょっとはピン札ぽくなるよ!」
と教えてもらっても
結局そんなことする余裕がなくて
バッタバタで
シワのお札をご祝儀袋に入れて出掛けて行く…
という感じでした。
本当に………
礼儀知らずの失礼極まりない人間でした。

f:id:seibillion:20161002093823j:plain:w300
※無料写真素材 photoACより

何がそんなに時間がなかったかと言えば、
物で溢れかえっていたからでしょうね。
何をするにも混乱してました。

可愛いご祝儀袋があれば
いつ使うかも分からずまとめ買いして、
でもその袋が要るときに見つからない!
とかしょっちゅうでした。

時間配分もメチャクチャで
お金をピン札にしに行く時間なんて
決めればあるはずなのに
頭のどこかでは行かなきゃと思いつつ
結局行動しないとか。

ちょっとしたストレスが年中かかってましたね。

今は、
いつか使うかもしれない
可愛いご祝儀袋は全部捨てました。
要るときに買います。
まぁ、40代になると使用回数も激減しますしね。
もったいなかったけど、自分の余裕のためです。
ないことが、余裕を作る。

しかし、
ピン札はいつでも用意しています。
あることが、余裕を作る。

面白いですね。
ここら辺の塩梅は人それぞれだと思うので、
家に ないもの、あるもの、について
一度考えてみてはいかがでしょうか。

さて!今日は、
月に一回行くヘナ染めのお支払を
ピン札で用意してお釣りのないようにして
行ってきまーす。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

シンプルライフランキングへ