空間整美研究室

空間を美しく整えて しあわせな人生をはじめよう

◆とはいえ まずは鞄から

家をどんどん小さくしていきたいです。
そして最終的には小屋に住みたいです。

seibi-lab.hatenablog.com

昔は日本人の家は「うさぎ小屋」と
揶揄されたけど、
これからは敢えてのうさぎ小屋。

そんな時代が来るなんて。
来てないか。
でもインテリア雑誌で特集されるのだから、
すぐそこまで来てますね!

f:id:seibillion:20161013074224j:plain:w300
※ELLE DECORより

子どもの頃は団地に住んでいて、
周りには大きなお屋敷もいっぱいあって、
小さい家が子どもながらに
ちょっと恥ずかしかったな…。

seibi-lab.hatenablog.com

そういうことからなのか、
大きいこと、多いこと、高いことに憧れて、
私の価値観は
一時なんだかすごいことになってました。
別に欲しくもないのに
ブランド品というだけで
買ってみたり…。

しかも優先してた価値観は
価格が安いとかお得かどうかだから、
高いものがちょっと安くなってたら
一番欲しい物ではないものを買うとか。

身の回りは
気に入らないものでいっぱいでした。

今は、
気に入る気に入らないすら
余り気にならなくなってきて、
あるものを大事に使うようになりました。

その先の
シンプルを夢見ています。

そして小さい家を実現するために、
持ち物のミニマル化をしています。

まずは、鞄の中身。
今まで重い鞄にたくさんの荷物を入れてました。

今は、こちらの本のように
鞄は小さく中身は少しで。

本当に必要なものはすべて「小さなバッグ」が教えてくれる (ミニマムリッチシリーズ)

本当に必要なものはすべて「小さなバッグ」が教えてくれる (ミニマムリッチシリーズ)

バッグの大きさを半分にしました。
バッグの中身についても今度記事にしてみます。

入れ物を小さくすると
入らないので必然的に厳選されます。

この本でも
毎日鞄の中身を出すことをすすめていますが、
入れっぱなしが重い鞄になるのは本当です。

小さなバッグを持つということは、「必要と思っていたけど、いらなかったもの」に気付くこと。そして、何が必要で何が必要でないか、見極める作業です。

「ミニマムリッチ」とは、上質なものを少しだけ持ち、手入れや修復を繰り返してものと思いをつなぐこと。そしてそれは、選び抜いた上質なものだからこそ可能なのです

家も先に小さくしちゃおうかな!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

シンプルライフランキングへ