空間整美研究室

空間を美しく整えて しあわせな人生をはじめよう

◆あなたは誰ですか?

昨日パナマ文書についての
NHKスペシャルを見ました。

そこで私が感じたことは、
不正に蓄財していることへの云々ではなくて、
「本人である証明」なんて
なんと儚いものなんだろうということです。

一般市民の情報を使って
タックスヘイブンの国で会社を設立し、
不正に儲けたお金、
もしくは税金を払いたくないお金を
そこで管理したり資金洗浄する。

そして勝手に名前を使われた人は、
本人でありながら
その会社をどうすることもできない。
閉鎖することも、
どんな会社か確認することも、
全く関係ないその会社から
自分名前を消すことさえも。

人間を証明するものなんて何の意味もなさない。
本人じゃない人が
自由に他人の身分を使えるのだから。

しかも最近は簡単に偽造ができる世の中。
住宅を賃借する際に提出するため、
有名企業の社員証や源泉徴収
偽造するサービスもあると聞く。

どんな人かを判断するのに
簡単に安心できる材料だった、
身分や経歴を証明する書類。
でもそれがウソの証明だったり
本人でない人が使うのであれば、
何も信用もできなくなる。

f:id:seibillion:20161128115457j:plain:w300

結局は
今ここにいるその人を
自分で判断するしか方法はなくなる。
勘というか。
人を見る目というか。

自信ないな...。

せめて自分の身の回りをクリアにして
色んな違和感を感じやすくすること。
今私にできることはそれだけです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

シンプルライフランキングへ