読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空間整美研究室

空間を美しく整えて しあわせな人生をはじめよう

◆物が少ないと捨て時が分かりやすい

物が少ないと
必然的にひとつを何回も使うことになります。
すると、当然ですが劣化してきます。

以前、私が物をたくさん持っていた時は、
それぞれの物を使う頻度が少ないので
劣化するまで使う
使い切ったと思えるまで使う
なんてことはほとんどありませんでした。

服でも文房具でも何でもです。
まったく使ってない物もたくさん持ってたし。

しかし今は物が少なく
使っていない物はないので、
「これはそろそろ捨て時だな」
ということが良く分かるようになりました。

物理的に
もうインクがなくて使えないとか
毛玉ができてみすぼらしいとか
分かりやすい状態もあるし、

心理的
もう使いきって満足した~ありがとう!
という状態もあります。

なので躊躇なく取捨選択ができます。
余計な判断力を使わないで済みます。

f:id:seibillion:20170110173257j:plain:w300

これはそんなに痛んではいないけど
もう十分着た~と思えるワンピース。
秋冬を2回経て この2年で何十回も着ました。

ありがとうと感謝して処分しました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

シンプルライフランキングへ