空間整美研究室

空間を美しく整えて しあわせな人生をはじめよう

◆とはいえ私のファッションアイコンは

周りに振り回されないで物を選びたい!と声高に言ったものの、私が影響を受けている人は何人もいます。

その中で私のプライベートファッションのアイコンは彼女。

f:id:seibillion:20170316143946j:plain:w300
ミラスロヴァ・デュマ
スタイルのお手本はロシアのミロスラヴァ・デュマ(Miroslava Duma)|モードを愛する40代主婦、LuLuの日々。|ファッション、コレクション最新情報|VOGUE
ロシアの元ファッションエディターで起業家です。
彼女は背が低くて私の参考になります。もちろんこのまま真似るのではなくて、バランスや配色なんかを参考にしています。

彼女の影響でバッグは小さめ、がすっかり定番になりました。

なんてキュートなんでしょう!
プライベートではこのような可愛くもエッジの効いた攻めてる存在感が欲しい。

そして はたまた場面が変わって仕事服のファッションアイコンは彼女。

f:id:seibillion:20170316145503j:plain:w300
クリスティーヌ・ラガルドIMFの専務理事です。
クリスティーヌ・ラガルド - Wikipedia

と180度違う好みを仕事とプライベートで使い分けてるので、仕事の時は服が衣装のようになって、強いオンナを演じられてます。(と思います。。。)

只今ラガルド仕様の仕事服はジャケット3枚、トップス4枚、スカート3枚、ワンピース3枚となっています。
これが仕事服の全てです。

「フランス人は服を10着しか持たない」ではジャケット以外の服が10着ということなので一応フランス人ライフスタイルクリア?でも私服のミラデュマ仕様が上下3セットとワンピがあるので、まぁ本の通りではありませんね。

フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質

フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質"を高める秘訣~

そして好きなスタイリングは大草直子さん。なんか、トラッドのかっちり感もラフな着崩し感もとっても好みです。

私服はミラデュマさんと大草直子さんのスタイリングを参考にしています。

おしゃれも暮らしも選りすぐり 大草直子の「これいいっ! 」

おしゃれも暮らしも選りすぐり 大草直子の「これいいっ! 」

彼女が主催しているサイトのmi-molletミモレはこまめにチェックしています。

http://mi-mollet.com/

と、色々と見ながら参考にしながら、でも鵜呑みにしたり完コピしたりしないで、物のセレクトも価値観も自分で判断するようにしたいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

シンプルライフランキングへ