空間整美研究室

空間を美しく整えて しあわせな人生をはじめよう

◇今ある器で応量器

生活のダウンサイジングをするために、
食費を減らそうとしています。

それにはシンプルな同じ料理を繰り返すことが
一番効果が高いだろうと思い、
今流行りの感はありますが
「一汁一菜」もしくはそれに準じた食卓で
しばらくやってみようと思っています。

シンプルな食卓、
と言ってまず頭に浮かぶのは
応量器で食事をする禅僧のお姿。
5~6個の食器が入れ子になっているものです。

いつもの悪い消費グセで
「応量器買っちゃおうかな~やる気が出そうだし♡」
という考えがふと浮かびましたが、
いやいや目的は
「足るを知る」「自分に必要なお金を知る」
なのだから、
新しく買うのはちょっと違うぞと思い直し、
今ある食器で応量器セットを作ってみました。

イタリアン応量器
リチャードジノリのベッキオホワイトで
応量器セットにしてみました。

これで一汁三菜は盛れるから、
基本和食であれば
なんかもういっそ
食器はこれだけでもいいんですね。

まだ年が明けて
お正月の食事が終わってからの一週間を
慣らし練習みたいにやってみただけですが、
今のところなかなかうまくいってます。

今ある器で応量器作戦、
一汁一菜や一汁三菜、
和食を楽しむならおススメします!

そしてこちらの2冊の本。

もうレシピ本はいらない 人生を救う最強の食卓

もうレシピ本はいらない 人生を救う最強の食卓

一汁一菜でよいという提案

一汁一菜でよいという提案

両方の本とも大変参考になりました。
ハレとケ。
私は外でも内でも
毎日同じメニューが重なることなく
違うものを食べて
それが自由で楽しいことだと思ってたけれど、
なんとなく果てしのない無限地獄にいたんだなと。

稲垣えみ子さん曰くの

毎日がフェスティバルだったらそれはもはやフェスティバルじゃない。単なる落ち着かない日常です。

※「もうレシピ本はいらない」より

道理で私も
最近どんなに美味しいものを食べても
そんなに感動がない訳です。

毎日の「ケ」の日が単調で型があるからこそ
「ハレ」の日の特別な食事が
美味しくて幸せで感動するのかもしれません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

シンプルライフランキングへ