空間整美研究室

空間を美しく整えて しあわせな人生をはじめよう

◇キッチンこんぱくと

私の仕事は不動産業なので、飲食店があるビルのお仕事もあります。私の担当の中で個人的にとてもお気に入りのビルは、広さ20㎡ほどのバーや小料理屋が各階2軒ずつぎゅっと詰まった小さな雑居ビル。同じ広さなのに店子さんのセンスで全く違う空間が広がります。

大らかな女将の小料理屋は雑然としていて、お客さんからのお土産の招き猫やら置物がカウンターに並んでいる茶の間みたいな雑多なイメージ。また別の階のスタイリッシュなバーでは物が統一されオブジェのように美しく並んだ無機質な空間。

カウンターに5〜6席、2〜4人のボックス席がふたつほどの小さな空間は、「私だったらこうしたいな!」という空想がしやすい大きさです。現実の経営のことを考えなくていいから空想ってホント楽しい!「こんぱくと」という名前の食事処をやってみたいな。

でもなんと言っても一番ミニマムでコンパクトな飲食店は屋台、それも自分で担いで移動する江戸時代のお蕎麦屋さんではないでしょうか。

天秤棒の左右にある道具で商売ができるんです。

左側、蕎麦猪口、丼鉢、お箸、小分けにした蕎麦、下の三段引き出しには何が入ってるんでしょうか。

右側、調味料、茹で釜、火鉢、樽の中はお水ですかね?

小さい空間ではやれることってすごく少ない気がしていましたが、小さい空間こそ無限の工夫ができるのかもしれません。制限や障害があった方がむしろ良いアイデアが生まれるというか。

お台所用品は究極このふたつの棚に収められるかも!私の空想のお店キッチンこんぱくとのお台所はこれくらいシンプルにしたいです。

深川江戸資料館 - Google 検索

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

シンプルライフランキングへ