空間整美研究室

空間を美しく整えて しあわせな人生をはじめよう

◇時間を生み出す魔法

片付いた家に住むことで何が一番良かったかというと、時間ができたということです。

もちろん1日は誰にも24時間平等ですから「時間ができた」といっても増えた訳ではありませんが、以前に比べたら1日が何時間も延びたかのように過ごせるようになりました。

物が少ないとそれぞれの物に関わる時間が減り、配置がデザインされていると迷いがありません。結果それまでひとつひとつはちょっとした時間でも、関わらなくてはならない物が激減すれば 減った物×ちょっとした時間 が積み重なって結局かなりの時間に余裕ができるのです。

それで今年の私のゴールデンウイークは今までで一番時間がありました。時間が余り過ぎて本は予定よりもかなりの冊数を読みましたし、衣替えもしカーテンの洗濯も済ませ、旅行に行って実家に帰って、それでも余裕があったので出かける先も決めずに気儘な散歩に出たりもしました。初めて餃子を皮から手作りしてみました。

そして今までだったら「本読んでる場合じゃないな片付けなきゃ」とか「出かけてる場合じゃないな片付けなきゃ」「ああいい天気!掃除掃除!衣替えしなきゃセーターの洗濯!」なーんて思いに後ろ髪引かれながら目の前の行事を心から楽しめずにいたこともあったのに、今年は自分史上一番完璧に整ったマイハウスになったので、嘘のように時間ができました。

物を減らして整った空間に暮らすこと

が時間というプレゼントを運んできてくれるとは思いませんでした。


柳宗理デザイン研究所のどっしりした机。美しい♡

もしあなたが時間がないと困っているなら、身の回りの空間を美しく整えることをおすすめしたいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

シンプルライフランキングへ