空間整美研究室

空間を美しく整えて しあわせな人生をはじめよう

手の中にある大切なもの

私は射手座です。今、射手座は12年に一度の幸運期に入ったらしい。星占いにはこだわっていませんが、石井ゆかりさんが書く占いというよりエッセイが面白く、例えがややこし目なところが読んでいて考えさせられてとても好きです。
石井さん曰く、今の射手座はシンデレラの変身の時、自分に最もふさわしい姿に変わる時期とのこと。

石井ゆかり 公式ブログ - 2018年 射手座の空模様 - Powered by LINE

お城に行く(前に進む)ために必要なカボチャとネズミはもう既に持っている物で、それは恐らく自分では大したものだとは思ってないものらしい。

私にとってのカボチャとネズミ…。

それは私の場合やっぱり「家のこと」ではないかと思っています。

私はずっと「外のこと(仕事)」を重要視した生活をしてきました。外でビッグディールをゲットしてハードなネゴシエーションをこなす。(ここ敢えてダサくカタカナエイゴで書いてます笑)優先事項はお仕事であり家庭の影は感じさせず、毎日のように接待や付き合いにも出席して、けれども理解のある優しくて頼もしい夫が協力してくれてるから家庭も円満、という絵を描いてそれに沿った生活をしていました。

ハウスキーピングなんてカッコ悪い、なるべく時間をかけたくない面倒なことで、家のことは外の仕事より下だと見ていました。そして私は家事が嫌い!と思っていました。

しかしこの2年ほど、私がダサいと思っていた家のこと、家という空間を美しく整えることに腐心し熱中していたら、仕事は今まで以上の成果を叩き出すことになりました。家を整えたら、なにもかも上手く行くようになったのです。

家事は外の仕事と同じくらい、いいやそれよりもずっと大切でクリエイティブな作業。それを軽視してた私は今までなんて勿体無いことをしてたんでしょう。

「これまで否定してきて価値を見出せなかったもの」が私を前に進ませてくれる道具になる。私にとってカボチャとネズミはなんだろう?と考えた時、最初は全く思い浮かびませんでしたが、それはもしかしたら「家事」なんじゃないかなと思うに至ったのです。

家のことをしっかりと仕事と同じレベルで実施することで、私の人生とてもスムーズに回るようになりました。そうなるには試行錯誤してコツやら工夫やら色々あります。私には家のことを無制限にやれる時間はないので、外の仕事で培った効率的で仕組化した成果が出る方法です。

これからどんどん披露したいと思います。今でもまだ発展途上中です。

掃除が楽しくて仕方なくて、家にいることがどんなパワースポットに行くよりも元気になるような生活を、多くの人に体験して頂きたいと思っています。

どうして家を美しく整えようと思ったかは、またいずれ書きたいと思います。

そして、私にとってのガラスの靴。
まだ手にしていないけどどこからか与えられて私を行きたい場所に連れて行ってくれるもの。
それはなんだろう?
まだ分かりません。手にして初めて「これがガラスの靴か!」と分かるんでしょうね。
楽しみで仕方ありません!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

シンプルライフランキングへ